カテゴリー
その他

選任懈怠で過料を払うはめに

恥ずかしい話ですが事実だし、一円起業した方の後学になればいいなと思い公表します。会社法違反で罰金刑を受けてしまいました。

【内容】
選任懈怠の事実。分かりやすく書くと、取締役を10年ごとに改選し、登記をしなければならないが、怠っていたという理由。罰金の過料は10万円。

会社設立が2007(平成19)年7月10日。決算日が翌年6月30日。よって、10回目の決算を向かえる2017(平成29)年6月30日から90日以内の2017(平成29)年9月30日までに取締役を株主総会で決めて登記しなければならなかった。

【結果】

結果として、3万円の過料を払うことになりました。

【経過】

  • 2020(令和2)年3月2日に封書が送られてくる。

2019(令和元)年12月10日に至るも選任手続をなすことを怠ったとの謄本が入った封書をもらう。青天の霹靂。

  • 2020(令和2)年3月3日に異議申し立てを行う。

裁判所に行き、理由を書いて異議申し立てを行う。事務員が丁寧に書き方を教えてくれて嬉しかった。

  • 2020(令和2)年3月31日に封書が送られてくる。

主文が入った決定謄本が入った封書をもらう。異議申し立てしたけど、選任懈怠の事実の認定を覆すに足りる証拠はないと過料10万円は変わらず。

  • 2020(令和2)年4月9日に即時抗告を行う。

決定謄本を受け取った日から2週間以内に即時抗告をすることができる。手数料は収入印紙1000円と郵便切手4110円分必要。懈怠の過料10万円は高すぎ、現在の経済環境、懈怠までの期間を2年8か月と考えたら3万2000円が妥当と書いて即時抗告をする。ネットで調べると過料10万円以上はいないようだ。

  • 2020(令和2)年6月2日に過料額変更の封書が送られてくる。

過料10万円を取り消し、過料3万円になる。裁判官は、選任懈怠の期間を間違えていたようだ。会社定款では、一般的に社長の期間を2年とする会社と10年とする会社があり、2年とする会社だと思い込んで過料を決めたのだろう。なので、ネットで書かれているような過料に変更された。

  • 2020(令和2)年6月19日に納付告知書が送られてくる。

2週間、何もしないと承諾したことにされ、納付告知書が送られてくる。6日間の刑務所暮らしも考えたが、罰金を払うことにする。

  • 郵便切手が戻される。

先払いしていた郵便切手が戻ってきた。

今回の違反事件のポイント

  • 会社設立時も社長だった。
  • 取締役任期を2年2カ月過ぎても選任登録されてなかった。

今回の件で分かったことは、会社法違反の通知はいきなりやってくる。違反内容をそのまま受け入れると、今回のように損をする可能性があるので、きちんとインターネットや弁護士に訊いて、妥当な刑罰を調べること。特に先代から会社を引き継いだ方などは、忘れがちなので要注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。